vicinityBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作ったiPhone用サイトを詳しく説明してみる。

0710_1.jpg


この間制作したiPhone用Safariに対応する壁紙サイトを詳しく説明してみようかなと。

周りにiPhoneを使っている人が少ないのでこれで見て下さい。。



上の画像がページを開いた時です。

アドレスバーを隠して、見やすいようにしてあります。

次に、横にした時です。



写真2


横にしてもブラウザの範囲内に表示されるようになっています。

ブラウザに合わせて表示させるには、



meta name="viewport" content="width=device-width,
initial-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=no"



みたいに書いてやればOKです。

ただ、cssでwidthを固定してしまうとうまく行きませんのでご注意を。

あと、マウスオーバーなどは触った瞬間に行われるようです。

ので、使ってません。

最後に画像を表示させたときです。


0710_3.jpg


このサイトではアイコンをタッチすると画像が新しいタブで開きます。

ここでは、開くサイズをJavascriptで固定しています。

あとはiPhoneの画像保存の方法で保存します。

(画像を長押しで保存するか聞かれます。)



こんな感じですかね~。

自分もgoogle先生にお世話になりつつw

2日くらいでできたので試してみてはいかがでしょう。

ちょっと楽しいですよ~。

アドレス http://vicinitytiniciv.com/iphone.html

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

momoretasu

Author:momoretasu
Sex:Male
Birthday:May 31, 1983
Blood type:O

Calendar
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Latest article
Archive
Category
RSS
  • Latest RSS
Link
Blog parts


Geotargeting


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。